企業のメンタルヘルスのことなら田中豪事務所にお任せください。

おかげさまで80周年 TNKグループ 田中豪事務所

メンタルヘルス総合サポートセンター


〒104-0045 
 東京都中央区築地2-11-2

お気軽にお問合せください

03-3547-1730

医療機関への紹介状、情報提供書作成

メンタル不全者の減少には早期発見・早期治療が最善です。
弊社にはその独自のシステムが存在します。

臨床の現場では様々な疾患の可能性のある方に遭遇します。うつや抑うつ神経症といった精神障害として代表される疾患のみでなく、SAS(睡眠時無呼吸症候群)やパーソナリティー障害、発達障害等その病種は多岐に及びます。 

そのほとんどをカウンセリングにより判断しますが、私は医療機関に情報提供書や紹介状を作成することのできる唯一の社労士であり心理職従事者でもあります。 

詳細な記述

それは漠然とした内容ではありません。精神医療の専門家として、およそ10以上の身体症状の履歴・頻度・強弱を医療的方法で記載し、更に飲酒・睡眠・朝食の有無等に至るまで詳細に記述します。 

次に、カウンセラーの視点からその方の社会的背景・公私におけるエピソード・成育歴等をお聞きします。

そして、最後に社労士として必要に応じて、その会社の過重労働の有無・人間関係の良好性・健康診断の適正な実施等をお聞きします。 

その上で、企業のご担当者に今後の改善策をコンサルティングさせて頂くと同時に専門医の受診が必要と判断した方には医療機関への紹介状を作成の上、お渡ししています。 

腕の良い専門医の先生は非常に忙しく、一人あたりの診察時間が数分ということも珍しくありません。だからこそ、これだけ詳細な紹介状を作成することでより正確な診断を実際素ことが可能になり、医師にとっても非常に有益な診察材料となるのです。その内容は精神科医のお墨付きです。ご希望の方には私の作成したカルテ及び紹介状の一例(勿論個人名は伏せてあります)をお見せしますのでご連絡を頂ければ幸いです。

最後に、数例を挙げさせていただきます。

・大手企業A 営業所 従業員数約30名 紹介状作成者12名 要経過観察3名

・大手企業B 営業所 従業員数約30名 紹介状作成者1名 要経過観察3名

・大手企業C 支店  従業員数約50名 紹介状作成者7名  要経過観察5名

・公的機関D カウンセリング数約100名 紹介状作成者18名 要経過観察12名 

以上よりお分かり頂けると思いますが、業務内容職場環境によりメンタル不全の割合には大きな隔たりが認められます。因みにAとBは全国規模の従業員数約6千人の同じ企業ですが、紹介状作成者は10倍以上の差があります。実際に現場に足を運ぶと、肌で感じる職場の空気はまるで別の企業ではないかというほどの差です。このBに関しては素晴らしい例として研修でもたびたび取り上げさせて頂いております。

この、カウンセリングをした上で受診の必要があると思われる方をスクリーニングし、紹介状を作成する一連の業務は弊所の特徴的業務の一つでもあり、企業の精神疾患者数の改善にも劇的な効果をもたらします。

お問合せはこちら

お問合せ、ご相談はお電話・フォームにて受け付けております。

まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

03-3547-1730

受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)

お問い合わせフォームはこちら