企業のメンタルヘルスのことなら田中豪事務所にお任せください。

おかげさまで80周年 TNKグループ 田中豪事務所

メンタルヘルス総合サポートセンター


〒104-0045 
 東京都中央区築地2-11-2

お気軽にお問合せください

03-3547-1730

産業医・主治医との連携

会社は、産業医・主治医との違いを明確に区別し対応する必要があります。確実性が要求される分野です。

「社内にうつの従業員がいる」 「休職中の従業員がいる」

今や決して珍しいことではありません。数十人以上の規模の会社であれば、ほぼ間違いなくこのような従業員が存在します。そこで確実に発生する業務が医師とのやり取りです。 

産業医のサポート

まず産業医の先生に関してご説明をさせて頂きます。

産業医の先生にも様々あり、今では産業医を専門の業務として行っている先生や産業医の人材派遣をビジネスモデルとして確立させている事業者も増えてきました。一番あってはならないのは実態を伴っていないケースです。

「顧問料だけ払っているが法令で定められた月に一度の訪問がない」 

「費用対効果が感じられない」 

「別の産業医に変えたいが断りにくい」等々です。

残念ながら実際はこのようなケースが非常に多いのが現状です。弊社において非常に優秀な先生をご紹介させていただくことも可能ですが、私はまず現状において、どのようなアプローチが最適であるかをご提案させていただいています。

気を付けなければいけないことは、産業医は必ずしもメンタルヘルスの専門ではないということです。精神科領域に対応できる産業医の先生はごくわずかです。当然ながらメンタルヘルスに精通していることに越したことはないのですが、産業医は他にも安全な事業場であるかの見回りや過重労働のチェック、精神科や心療内科領域以外の疾患にも幅広く対応する必要があります。だからこそメンタルヘルスの専門家として産業医の先生のサポートもさせて頂くという立場で接することに良好な関係を維持していくことが出来るのです。 

主治医への対応

次に、主治医に関してです。

こちらは弊社のノウハウが多く盛り込まれている分野です。

・会社としては従業員が持ってきた主治医の診断書に納得がいかない

・主治医が会社の方針を理解してくれない、途方に暮れている

・主治医は会社の指定する医療機関に変更できれば良いのだが

・主治医が復職可能といっているが本当に信用して良いのか

・会社が主治医の意見を聞きたいとき、所要時間は、謝礼は・・・

等々です。数え上げたらきりがありませんが、これらは実際の現場で耳にしたご意見です。主治医は非常に重要な立場ですのでくれぐれも対応を誤らず、かつ淡々と行うべき業務を遂行することが重要です。どのようなケースでも対応をご提案させていただきますし、必要な場合は同行支援も可能です。どうぞご安心ください。

お問合せはこちら

お問合せ、ご相談はお電話・フォームにて受け付けております。

まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

03-3547-1730

受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)

お問い合わせフォームはこちら